スポンサーリンク

お見合いで腕時計するなら?女性ウケがいいブランドはコレ!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

お見合いでは男性はどんな腕時計をつけるのが良いのでしょうか?

普段身につけない人は「腕時計をした方がいいのかな?」と悩むだろうし、時計が趣味でたくさん持ってる人は逆にどれにすればいいか悩むかもしれません。

そこでお見合いにふさわしい腕時計について調べたところ、いろいろな意見があったのでまとめてみました。

 

男性にとって腕時計の価値とは?

腕時計って機能として時刻を確認する以外にもアクセサリーの一面もあります。

特に女性と比べて男性は普段、アクセサリーをあまり身に着けないので、スーツ姿のときに唯一身につけられるアクセサリーと言っても過言ではありません。

人に見られない時なら自分の趣味全開の時計をしていても構いませんが、お見合いは女性に見られることを意識しないといけません。

その人がどういう時計をはめているかで、その人のセンスや経済力がだいたい分かるし、性格もある程度分かるでしょう。

それくらい時計は多くを語ります。

逆にお見合いの場にふさわしい腕時計を身につけることで

 

「今後、奥さんや子供を養っていける経済力」

「TPOに合わせることができるセンス」

「浮気しない真面目さ」

 

などをアピールすることも可能です。

だから、どういう時計なら好印象なのか?逆にどういう時計が悪印象につながるのか、ある程度分かっておく必要があります。

 

迷うくらいなら腕時計はしない方がよい

迷うくらいならしない方がよいという考えもあります。

今は時刻を確認するのはスマホがあるので腕時計をしないサラリーマンも多いと言います。

私もずっと腕時計はしてないし、時刻の確認はいつもスマホです。

お見合いの席から時計が見えるのであれば時刻確認のために時計はいらないから、安物を身につけるくらいならしない方がいいです。

それに腕時計からセンスを見抜くような女性には全部見抜かれてしまいます。それだったらしない方がマシ、というのもアリです。

 

そももそ腕時計の良し悪しがお見合いに影響することはない!

どんな腕時計をしていようが、よっぽど非常識でない限りは、お見合いの判断の決め手に影響することはない、という意見もあります。

たいていの場合、常識的な腕時計であればお見合いにさして影響はないでしょう。

ただし、常識的かどうか、それすら悩むようなレベルなら、むしろ腕時計はしない方がいいでしょう。

 

愛着がある時計があるならそれを身につける

たとえばG-SHOCK。

防水だし頑丈だし仕事でもプライベートでも身につけている人もいるでしょう。

ではG-SHOCKはお見合いにふさわしくないのか?となると、それはその人次第です。

仮にお見合いのスーツ姿にG-SHOCKがちょっと合っていなかったとしても、あなたがG-SHOCKがとても好きで、それがあなたの一部、あなたを表すものなら、OKではないでしょうか。

今これが流行ってるからという理由で高級腕時計を身につけている人よりは、こだわりのある腕時計をいつも身につけている人の方がよっぽど素敵です。

お見合いでG-SHOCKなら、逆に女性が質問してきて話が盛り上がることだったありえますし。

 

無難に行くなら革ベルト・白文字盤・三針!

まあ、そうは言っても無難に済ませたい・・・ということもあります。

下手に腕時計で自己主張した結果、お断りされるくらいなら、無難な腕時計の方がよいという意見です。

では、無難な腕時計とはどんなものでしょうか?

条件としては

 

①革ベルト

②白文字盤

③三針(長針・短針・秒針の3つある時計)

 

では、金属製のベルトの腕時計はダメなのか?というと、明確な基準があるわけではないので、別にダメではありません。

ただ、全体がテカテカしてる金属製の時計よりは革ベルトの方が若干、落ち着いた印象になるのは確かです。

どちらがより無難か、という意味では革ベルトの方が無難と言えます。

 

お見合いにふさわしい時計の銘柄は?

ロレックスやオメガといった外国の高級ブランドよりも、国内メーカーの上級モデルの方が真面目で誠実な印象になります。

以下参考に。市場価格はだいたいこのくらいの価格が多いという目安に

 

セイコー → セイコードルチェ、 市場価格4~10万円台
グランドセイコー  市場価格20~50万円台
ブライツ(BRIGHTZ) 市場価格4~7万円台

 

シチズン → シチズンエクシード 市場価格4~11万円台
アテッサ      市場価格4~20万円台

 

カシオ  → オシアナス     市場価格4~20万円台

 

主張しすぎないデザインの海外ブランドは?

お見合いの場には奇抜なデザインの腕時計はふさわしくないので、デザインとしては主張しすぎない、それでいて、「知る人ぞ知るブランド」みたいなブランドを3つ紹介します。

 

1.オーレマティーセン(Ole Mathiesen)

1845年、デンマークで設立。以降、デンマーク王室御用達に。シンプルで飽きのこない純粋なスタイルが特徴。市場価格15~26万円台

 

2.モーリスラクロア(MAURICE LACROIX)

1975年にスイスで設立。知名度はやや低いが、品質本位、コスパ重視な点が評価されています。市場価格10~20万円台

 

3.ミッシェルエルブラン(MICHEL HERBELIN)

1947年、フランスで設立。デザイン性、コスパに優れている。他の人と被りたくない、という方におすすめ。市場価格5~18万円台

どれも値段的にはちょっと手を伸ばせば届きそうな価格です。婚活を機に腕時計を買う、という方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

実際、女性は男性の時計をチェックしているのか?

金銭目的で時計をチェックする人は少ないが、もしそういう女性にアピールしたいならロレックスがおすすめ。

時計をチェックする女性は多いが、高級ブランドかどうかより、それがオシャレかどうか、全体のファッションに合ってるかどうか、などを気にします。

実際のお見合いで男性が女性からチェックされるのは、まず顔を見て、髪型とか服装、それから靴や時計です。

でも時計は男性がスーツを着ていたら見えないことも多いし、そこまで気にしないという人もいます。

心理ゲームでどんな腕時計をつけてるかで性格を見抜くものがあります。

実用性を重視してるのか、デザインを重視してるのか、1つの腕時計を長く愛用しているのか、それとも複数の腕時計を気分によりつけかえているか、また腕時計をみせびらかすか、などもチェックポイントになるようです。

中には安物の腕時計をしていると人を見下すような方もいますが、そういう方はご縁がなかったと思ってお断りした方がよいでしょう。

 

最後に・・・

いかがでしたか?お見合いと腕時計に関するいろいろな意見をまとめました。私個人は腕時計はしない派でしたが。

参考までに、やめた方がよい時計として、キャラクターものの時計、デジタル表示の時計、ダイバー向けの時計などがあります。

デジタル表示の時計はたぶんこだわりの強い人が身につけるのでしょうが、スーツにあまり似合いません。

またダイバー向けの時計は趣味性が強すぎるので、お見合いの場にはあまりふさわしくありません。

また腕時計を選ぶ際は身の丈にあったものをつけること。背伸びして高級ブランドを身に着けても似合わないし、相手に見透かされます。

またお見合いでは腕時計は見ないこと。時間を気にしていると相手にもそれが伝わります。体感で「そろそろ1時間かな」と予測する程度で十分です。

この記事があなたの婚活に役立てば幸いです。