スポンサーリンク

「もっといい人がいるかもしれない」では結婚できない!?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

「もっといい人がいるかもしれない」では結婚できない!?

昔、仮交際である女性とお付き合いしている時に、新たにお見合いの予定を入れたことがありました。

別に今の人に特別不満があったわけではないけど、つい

「もっといい人がいるんじゃないの?」

と考えてしまったのです。

もちろん仮交際期間は複数の人とお付き合いするのが認められているから、ルール上は問題ありません。

でもこれって実はお見合いする人が陥りがちな「落とし穴」だと言われています。

その落とし穴に私もまんまと落ちてしまったわけです。

その結果どうなったか?ええ、両方ともダメになりました・・・。

そこで、私の経験も踏まえて、「もっといい人がいるかもしれない」という思考に陥った場合はどう対処すればいいのか解説します。

 

どうして「もっといい人がいるかもしれない」と思うのか?

こうした思考になる人は、男性ならハイスペックかイケメン、女性なら可愛いか美人タイプで、お見合いの申し込みが常に何人もあるような人が多いです。

つまり、自分がモテていると思っているわけです。

断ってもすぐ次の人とお見合いできる、選べる立場の人が陥りがちな思考です。

そして、こういう思考はもっとも結婚が決まらない人のやりがちな行動パターンなんです。

もしお見合いの申し込みが常にあり、選べる立場だったとしたらどうなるか?

ある人とお見合いをして、そこそこ良かったとしても、そこで決して満足しません。

 

「もっと自分の理想に近い人がいるのでは?」

 

と考えます。

そして、お見合いで会う人に対して、「この人のここはダメだな」などと減点方式で見てしまいます。

相手の悪いところばかり見ていたら、いつまでたっても満足できないのは当たり前です。

そして、1回でもいい条件の人(イケメンだったり美人、ハイスペックな人)とお見合いしてしまうと、そこが今後の最低ラインになってしまいます。

仮に誰かとお見合いしたとしても、

 

「あの人と比べるとイマイチだな」

 

と比較してしまうため、不満が出てしまいます。

本当はすごいいい人かもしれないのに、目の前の出会いをおろそかにして、ちょっとでも不満があると切り捨ててしまうわけです

こうなると自分でも気づかないうちに理想がどんどん高くなります。

「青い鳥」じゃないけど、自分の理想100%の人がどこかにいるはずだと思って、どんどんお見合いをしてはお断りしてしまうんですね。

これはよくある例ですが、最初にお見合いした人がそこそこ良くて、でも「もっといい人がいるかもしれない」と思って、断ってしまった。

それから何度もお見合いしては、「これがダメ、あれがダメ」と満足できずに誰とも交際が長続きしない。

結局、思い返すと最初にお見合いした人が一番良かった・・・というケース。

どうですか?心当たりありませんか?これってけっこうお見合いでありがちなことです。

 

まとめると、

・相手の悪いところばかり見てしまう減点方式になっている

・理想が高くなりすぎ、ちょっとでもそれ以下だと不満を感じてしまう

・目の前の相手にきちんと向き合えていない

 

こういう傾向があると、「もっといい人がいるかもしれない」症候群になってしまうわけです。

これはお見合いに限らず、交際相手がいても同じです。

いい人なんだけど、自分の理想を100とすると、70ぐらい。もっといい人がいるのでは?と思うと、

 

「本当にこの人と結婚していいの?」

 

と悩んでしまい、いつまでたっても結婚を決断できない。

仮にその人と結婚したとしても、

 

「この人じゃなかったんじゃないか?」

 

と感じて浮気に走り、結局、自分も他人も不幸にしてしまう光景が目に浮かびます。

 

「もっといい人がいるかもしれない」と思ったらどう対処すべきか?

では、もっといい人がいるかもしれないという思考に自分が陥ってしまったら、どのように対処すればいいのか?

まず前提として、結婚相談所のお見合いでは

 

100%理想どおりの人はどこにもいない

 

ということを理解してください。

つまり、ある程度の妥協が必要だということです。

イメージとしては100点満点中、70点をクリアしていたら結婚相手として考えてもよいでしょう。

自分にとってどうしても譲れない条件がたくさんあると、それを全てクリアする人なんてなかなか現れません。

だから、どうしても譲れない条件を3つくらいに絞ります。

たとえば女性なら男性に対する希望条件として

「タバコを吸わない」

「年収400万以上」

「身長170cm以上」

などすね。あとの条件はクリアできていなくても全部妥協する。

その3つをクリアしていたら、とりあえず結婚相手として合格なので、あとはその人に真剣に向き合っていくべきです。

何度もデートして、しっかりとその人と関係性を築いていく。

 

「この人となら結婚生活も大丈夫そう」

 

そう思えるまで。

そして、しっかりと人間性や周辺の人間関係を見て、マイナスポイントがないと思ったら、あとは勢いをつけて結婚を決断すべきです。

つまり

・70点の合格ラインをクリアしてる

・譲れない条件3つをクリアしてる

・特にマイナスポイントがない

こういう相手がいたらサッサと結婚しましょう。

こういうふうに考えていれば結婚も早く決まりますよ。

 

ちなみにマイナスポイントがない、というのは意外に重要です。

なぜならマイナスポイントと感じる部分がないというのは本能的にダメと感じる部分がないということです。

よく女性が言う「生理的に受け付けない」というのがない、と同じです。

結婚とは生活そのものなので、本能的にイヤと感じる部分があったら一緒に生活できませんよ。

 

結婚に焦りは禁物のワケとは?

ただし、結婚を焦りすぎないでください。

なぜなら、結婚を焦ると冷静さを失い、直感を無視してしまうからです。

これは奥さんの知人の例ですが、29歳で結婚を焦っている女性がいたそうです。その女性は30歳ギリギリでなんとか結婚。

しかし、結婚したら男性がモラハラ発言をするようになり、最終的には離婚してしまったそうです。

でも、付き合っていて男性のモラハラ傾向に本当に気づかなかったのか疑問に思いますよね?

実はその女性はほんのわずかな違和感は感じていたそうです。

でも結婚に対する焦りがあったせいで、自分の心が発する声を無視してしまい、かすかな違和感を黙殺してしまいました。

自分が結婚適齢期の年齢を過ぎている場合、焦る気持ちは分かります。

でも「早く結婚したいから」という理由で婚活をしているとこういう痛い目に遭います。

自分の心が発する声、いわゆる直感を大事にしましょう。

 

最後に・・・

いかがでしたか?「もっといい人がいるかもしれない」となぜ思ってしまうのか?

そして、そういう思考に陥ってしまったらどう対処すべきか?解説しました。

私自身は、結婚相談所で作ってもらったプロフィールが良かったせいか、お見合いの申し込みがきて、選べる立場でした。

それもあり、どんどんお見合いを入れていき、交際人数を増えてしまい頭がパンクしそうになりました。

その後、自分がモテているという幻想はすぐに捨てて、自分のような人間と交際してくれている女性はとても貴重だから、一人ひとり大事にしていこうと思うようになりました。

まさに一期一会。お見合いで出会うというのも、お互いの結婚したいタイミングがぴったり合わないとできない、奇跡的な出会いです。

そう考えて目の前の相手に真剣と向きあった結果、結婚できたので、間違っていなかったと思います。

この記事があなたの婚活に役立てば幸いです。