スポンサーリンク

婚活プロフィールの趣味。男性は何を書けば女性ウケするの?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

婚活していてプロフィールの趣味欄に何を書くかはけっこう迷いますよね?

正直に書きすぎて女性に引かれてしまうこともあれば、女性ウケを狙いすぎて失敗することもあります。

そこで婚活男性がプロフィールの趣味欄を書く時に気をつけるべきポイントをまとめたので紹介します。

 

プロフィールの趣味欄の書き方

プロフィールの「休日の過ごし方や趣味や特技」はプライベートな一面に触れることができるのでとても重要な部分です。

またお見合いでも会話のきっかけになりやすいので特に力を入れるべき部分です。気をつけるべき点は以下の7つです。

1.趣味は具体的に書く

2.ネガティブなことは書かない

3.オタク趣味を書くときは慎重に

4.女性ウケの悪い趣味は書かない

5.女性と一緒に楽しめる趣味を書く

6.アウトドア・インドア一辺倒にならない

7.質問や提案を載せるのもアリ

 

1.趣味は具体的に書く

趣味は具体的に書きましょう。

(悪い例文)

「趣味は映画鑑賞です」

へー、そうなんだ・・・(終わり)。これじゃ全く相手に興味を持ってもらえないし、人柄が伝わりません。

(良い例文)

「趣味は映画鑑賞です。特にディズニー系の映画が好きで、ハートフルな内容が好きです。最近の映画も見ますが旧作も好きで、よくDVDを借りて休日にのんびり見ています」

いつどこで誰とどんな風に過ごしているのかがイメージできるといいでしょうね。

女性は相手の男性が休日に自分と一緒に過ごす時間がとれるのかを気にします。年収の高い男性ほど忙しいイメージがあるからです。

仕事をきちんとこなし、かつ休日はプライベートを満喫している様子が伝わると女性からはかなり好感を持たれるでしょう。

結婚後の生活はこうなると相手の女性に想像させることになるので、ウソがあると後で大変です。あまり盛りすぎず、できるだけ正直に書いた方がよいでしょう。

 

2.ネガティブなことは書かない

ただし女性にネガティブな印象を持たれるようなことは書かない方がいいです。

(悪い例文)

「普段仕事で疲れているので休日は一日中、家でゴロゴロしています」

→たとえ本当でも書かない方がいいです。女性が幻滅します。

 

3.オタク趣味を書くときは慎重に

(悪い例文)

「マンガやアニメが好きで深夜アニメをいつもチェックしています」
「マンガが好きで単行本を1000冊以上持っています」

→マンガやアニメは女性にウケがよくありません。

会話の中で相手の反応を探りながら話題にするならいいですが、プロフィールには書かない方がいいです。

最近は「君の名は」など一般の人にも人気のアニメ(映画)や「ワンピース」のような人気マンガがあるのでこの辺から攻めるといいでしょう。

 

4.女性ウケの悪い趣味は書かない

(悪い例文)

「バイクが好きで休日はよくツーリングに出かけます」

→バイクは女性からは嫌われます。一緒に楽しめないし、お金がかかる趣味だからです。

他にも男性は好きだけど女性はやりたがらない趣味(サバゲーとか)、いかにもお金がかかりそうな趣味(車のカスタマイズとか)は敬遠されるのでプロフィールには書かない方がいいでしょう。

 

5.女性と一緒に楽しめる趣味を書く

逆に積極的に書いた方がいいのは、結婚後も奥さんと一緒に楽しめそうな趣味。

たとえば

ドライブ、旅行、スイーツ巡り、ライブを観に行く、散歩、映画やドラマ鑑賞、料理、温泉・・・など。

(例文)

「甘い物が好きなので休日はカフェなどスイーツ巡りをしています」
「スポーツ観戦が好きでサッカーや野球の試合を見に行きます」
「映画好きで話題の作品があれば映画館へよく行きます」

また大学時代にこんな部活に入っていました、などで自分の特技について触れると会話のネタになることもあります。

特にあまり馴染みのない部活やサークルをやっていると、「それなに?」と食いついてくることもあります。

 

6.アウトドア・インドア一辺倒にならない

趣味があまりにもインドアやアウトドア一辺倒になってしまうと「私とは合わないな」と思われて敬遠されてしまうので、どっちも好きだよ的なアピールも必要です。

(良い例文)

「休日はのんびり過ごすのも好きですが、テニスやゴルフで体を動かすのも好きです」

 

7.質問や提案を載せるのもアリ

質問を載せておくと相手も返信しやすいしお見合いでも会話のネタにしやすくなります。

(良い例文)

「映画好きなので何かおすすめの作品があったら教えてください」

また「一緒に~しましょう」など提案を載せておくと具体的なデートのイメージも湧き、相手も行動を起こしやすくなります。

(良い例文)

「食べ歩きが趣味で最近はカレー屋さんにハマってます。新宿で美味しい店を見つけたので良かったら一緒に行きましょう♪」

 

最後に・・・
いかがでしたか?婚活男性のプロフィールの趣味欄の書き方について注意点をまとめてみました。

婚活のプロフィールは出会ってもらうための最初の第一歩です。オタク趣味を前面に出して一点突破を狙うよりも、多くの女性に浅く広く受け入れられるようなものが良いでしょう。

プロフィールに書けないような濃い趣味がある場合は、相手女性と親密になってから打ち明ければいいです。

くれぐれも「俺の全てを受け入れてくれない女性はこちらから願い下げだ!」なんて思わないようにしましょうね。