スポンサーリンク

婚約指輪と結婚指輪。本当に必ず両方必要なの?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

プロポーズして入籍、結婚となると必要になるのが婚約指輪と結婚指輪です。

たいていの夫婦は両方持ってるものだと思いますが、男性の立場からすると

「本当に両方必要なの?」

と疑問に思うことも。

そこで、婚約指輪と結婚指輪は本当に両方必要なのか?もし必要ないならどうするのがよいのか解説します。

 

婚約指輪と結婚指輪の役目の違いとは?

婚約指輪と結婚指輪の違いって理解していますか?

婚活中の男性でも、プロポーズする予定がある人でもない限り、婚約指輪や結婚指輪について詳しい人はいないと思います。

私もプロポーズのために婚約指輪を買いに行くまでは正直、2つの違いをよく分かっていませんでした。

そこで2つの役割の違いについて改めて簡単に説明します。

 

婚約指輪とは「エンゲージリング」とも言います。

プロポーズが成功し、婚約した証として男性から女性に贈るのが婚約指輪です。プロポーズから結婚するまでの期間に渡すのが望ましく、男性がサプライズで贈るのも珍しくありません。

婚約指輪は派手なデザインが多いので、結婚後に日常的に身につける人は少なく、記念日やパーティーの時だけ身につける人が多いです。

婚約指輪の費用は平均で35万円くらいです。昔は給料3ヶ月分と言われましたが、今は1ヶ月分くらいです。

 

結婚指輪は「マリッジリング」とも言います。

結婚式のセレモニーでは指輪交換の儀式があるので、結婚式までには用意しておく必要があります。

婚約指輪と違い、結婚指輪は男性と女性が折半で購入したり、お互いにプレゼントする形が通例です。

結婚指輪の費用は男性と女性の2つ合わせて平均で24万円くらい。男性よりも女性の方が若干、高くなる傾向があります。

 

2つを比較すると婚約指輪の方が高いのはなぜか?

一般的に婚約指輪には1粒のダイヤモンドを飾ったソリティアと呼ばれるデザインが主流です。

ダイヤモンドを使ってるのでお値段も高くなります。

そして高いのには意味があります。それは、

 

「もしお金に困ったら婚約指輪を売って何とか生活しろ」

 

ということです。

昔は戦争があり、旦那が戦死することも珍しくありませんでした。そんなときに婚約指輪があれば困ったときに売れば一財産になるから、という配慮があったわけです。

もっとも、厳密に資産と言えるかは微妙です。なぜならいざ売却するとなると購入価格より大幅に下がってしまうものだからです。

買取市場では普段身につけないダイヤのついたリングより、日常使いできるデザイン性の高いエタニティタイプ(石の入ってないシンプルなデザイン)の指輪の方が需要があります。

婚約指輪を売却するとしても、果たして中古の婚約指輪を男性が買うだろうかと考えるとあまり売れないことは予想がつきます。

その結果、買い取りの査定はダイヤ+リングの地金のみになり、買い取り価格は大幅に下がることになります。

それでも価値がないわけではありません。指輪をリフォームしながら代々受け継がせることもできるし、指輪に込められた思いはお金以上の価値があるはずです。

スポンサーリンク

婚約指輪と結婚指輪は本当に両方必要か?

結論から言うと、

 

夫婦で話し合って「必要ない」なら必ずしも両方必要ない

 

です。

特に婚約指輪は結婚前の何かとお金のかかる時期に給料1ヶ月分の費用がかかります。

その時の経済事情で「いらない」という結論になっても不思議ではありません。

 

必要ない理由ですが、例えば以下のような理由が挙げられます。

・金属アレルギーで指輪がつけられない

・仕事の関係で日常的に指輪がつけられない

・指輪より高級腕時計やペアウォッチがいい

・婚約指輪がない代わりにその分、結婚指輪を奮発してもらいたい

・婚約期間は短いからいらない

・婚約指輪は結婚後にお蔵入りするのでいらない

・婚約指輪の費用を結婚式費用、新婚旅行代にあてたい

・単純に欲しくない

 

婚約指輪と結婚指輪、必要ないのはどっち?

どちらか必要ないとしたら婚約指輪と結婚指輪のどちらがいらないか?

たぶん、婚約指輪になると思います。

理由は結婚指輪は結婚式で必要になるから。

また日常身につけるなら婚約指輪よりも結婚指輪になるから。

ただし、どうしても片方だけにしなければならない理由がないのなら、両方用意する方がよいと思いまよ。

女性の場合、同窓会や友人の結婚式などドレスアップする場面があるし、その時に手元を飾るちゃんとした指輪があるのは嬉しいものですよ。

 

最後に・・・

いかがでしたか?婚約指輪と結婚指輪の違いや、本当に両方必要かどうかについて解説してみました。

私はプロポーズでサプライズで婚約指輪を用意しました。値段は36万円で、銀座の和光で買いました。

結婚後は二人で宝石店を巡り、結婚指輪を銀座のダイヤモンドシライシで買いました。2つ合わせて21~22万くらいでしょうか。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けできるようにデザインを合わせました。でも奥さんは仕事柄、指輪はつけられないので、お出かけのときに結婚指輪をつける程度ですが。

この記事があなたの婚活に役立てば幸いです。