スポンサーリンク

お見合いで好きになれない?恋愛感情が後から追いつくワケとは?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

お見合いで出会った相手が、いい人なんだけど恋愛感情がなかなか湧いてこない場合、このまま先に進んでいいものか悩みますよね?

一般的には恋愛の先に結婚があり、「好き」という恋愛感情があるから結婚するものだとされています。

でもお見合いの場合、結婚が目的で出会い、関係を深めていくので、どうしても恋愛感情が後回しになりがちです。

ではお見合い相手がいい人だけど好きになれない場合どうすればいいのか?私の経験を踏まえてお答えします。

 

お見合い相手がいい人だけど好きになれない場合どうするか?

 

「お見合い結婚は努力して人を好きになるの?」

 

と疑問に思う人も多いでしょう。

曰く、お見合い結婚は恋愛じゃないから、努力しないと相手を好きになれないのでは?ということです。

もっともな疑問だし、これに関しては正直、私も迷いました。

仮交際で何人かとお付き合いしたものの、好きという感情があまり動かず、

 

「こんな状態で誰か1人に絞って真剣交際に移ってもいいものだろうか?」

「人を好きになれない自分はどこかおかしいのだろうか?」

 

なんて人知れず悩んでました。そして

 

「もっと相手を好きになる努力をした方がいいのだろうか?」

 

なんて考えてました。

婚活の初期は11人の方とお見合いして、最大4人まで同時に交際して、最終的に1人に絞ったものの、本命女性にフラレて終わりました。

では、最後に絞った女性のことが好きだったかというと、微妙です。

相手のことをもっと知りたいという気持ちや、まだ経験したことのない真剣交際へのかすかな期待みたいなものはありました。

でも一目惚れのような「好き」の感情はあの時点では芽生えていませんでした。

だから、あのまま真剣交際に移行してもいいのだろうかという葛藤がありました。

 

そもそも、「人を好きになるための努力」といっても何をやったらいいか分かりません。ひたすら相手のことを思ったところで、好きの感情は高まりませんし。

だから私の結論としては、こう断言できます。

 

努力したところで人を好きになる感情は高まらない

 

人の気持ちはそんなふうにコントロールできるものではないから、自然に高まるのを待つしかありません。

私はその後のお見合いで奥さんと出会い結婚しましたが、「好きになる努力」なんてしてません。

どちらかというと自然に徐々に「好き」の感情が高まっていきました。縁があったというべきか。

結局はデートを繰り返して、いろんな場所に一緒に行ったり、食事に行く中で、相手のいろいろな一面を知り、好きになっていったようなものです。

結婚相談所でお見合いする場合は、仮交際から真剣交際を進めていく中で何度もデートを繰り返します。

こうすることで自然と二人の仲が深まるような仕組みになっていると言ってもいいかもしれませんね。

 

お見合い結婚は好きじゃない相手と結婚することか?

お見合い結婚が恋愛と結びつかない方はこんなふうに思いがちです。

 

「そんな短時間で人を好きになれるの?」

 

恋愛って出会ってから時間をかけて付き合い好きになっていくもの。

お見合いはそれに比べると時間が短く、果たしてそんな短い時間で相手を好きになれるのか疑問な人も多いでしょう。

たしかにもっともな疑問です。私も結婚相談所に入る前はそう思ってました。

でも多くの人が結婚してるのだから、何とかなるだろうとも思ってましたが。

これに対する回答としては

 

「人はそんなすぐに相手を好きになれません」

 

よっぽど惚れっぽい人とか、たまたまお見合い相手の女性が超タイプでひと目見て気に入ってしまった、という場合は好きになるでしょう。

でも普通はそんなタイプの方と出会うことはありません。

お見合いで出会う女性には美人さんは少なく、一番多いボリュームゾーンは

”美人でもなくブスでもなくどこにでもいる普通の容姿の女性”

です。

つまり見た目で即気に入って好きになるって、男性の場合あまりないです。

 

「じゃあ好きじゃない相手と結婚を決めるの?」

 

そんな疑問が起こりそうですが、そんなことはありません。

100%ではないけど相手のことが好きだから結婚します。好きじゃなかったら結婚しません。

 

後述しますが、お見合い後の交際中は初対面から徐々に仲を深めている段階なので、好き度が少しずつ上っていきます。

具体的にはこんな感じです(あくまで個人的なイメージです)

お見合い時点   →「初対面同士 (好き度0%)」

1~2回目のデート→「知ってる間柄(好き度30%)」

4~5回目のデート→「仲のよい間柄(好き度50%)」

デート10回以上 →「付き合ってる(好き度70%)」

結婚時点     →「恋人同士(好き度100%)」

 

という感じで変化していきます。

だいたい好き度70%くらいで結婚の意思を固めてプロポーズする感じでしょうか?人によってはもっと早いタイミングかもしれません。

恋愛結婚の場合、好き度100%→結婚という感じですが、そこがお見合い結婚との違いですね。

 

お見合い結婚は恋愛結婚と違うワケとは?

好きになれるかどうかを気にする人は結婚相談所に入っても、

 

「もっといい人がいるんじゃないか」

 

と思って、いつまでも一人の人に決められず婚活が長引く傾向にあります。

だから一番早い結婚するやり方は、ある程度条件が合って、相手に対してマイナスポイントがないなら好きじゃなくても思い切って結婚してしまうことなんです。

(「マイナスポイントがない」、というのは”生理的に受け付けない”とか、そういうのがないことで、意外に重要なポイントです)

 

「えっ?恋愛感情がないのに結婚するの?」

 

とびっくりされそうですが、恋愛感情は後から追いついてくるので大丈夫なんです。

もちろん結婚の意思を固める時点で、ある程度の恋愛感情はあります。ゼロではありません。

ただし、好き度100%かと言われると全然そこまで足りていません。

私の実感で言うなら交際中は好き度40%~60%くらい。プロポーズの時点で70%でしょうか?

でも結婚して一緒に暮らし始めてから徐々に高まり、今ではずっと100%ですよ。お見合い結婚ってのはそんなものです。

 

恋愛結婚は結婚する頃が恋愛感情のピークで以降はどんどん下がっていくのに対し、お見合い結婚は結婚後も恋愛感情が高まっていきます。

だから恋愛結婚の方が離婚率が高いと言われるのもそれが理由です。大恋愛しても結婚してすぐ別れるカップルもいますからね。

恋愛結婚を好き度100%になってから結婚すると定義づけるなら、お見合い結婚は結婚する時点で100%ではないので、恋愛結婚とは言えません。

かといって、お見合い結婚は全く好きの感情がなくて結婚するのか?と聞かれれば、そうではないと明確に言えます。

こればっかりは体感でしか言えませんが、好き度60%~70%くらいで結婚するのがお見合い結婚です。恋愛感情はあるけど、恋愛結婚ほどではないです。

 

最後に・・・

いかがでしたか?私自身も経験した、お見合い相手がいい人だけど好きになれなくてどうしよう?という問題に関する答えを紹介しました。

やっぱり2~3回会ったくらいでは恋愛感情なんて湧かないのが普通です。だから好きになれないまま結婚していいのか?と迷うのは普通のことです。

ただ、お見合いの目的は結婚することです。結婚とは生活そのものです。一緒に暮らすためにいろいろと条件をすり合わせた結果、いい相手なら結婚するべきです。

もちろんそこにはある程度の恋愛感情はあって然るべきですが、別に100%好きかにこだわる必要はありません。そこそこ好きでもOKです。

恋愛=結婚と考えている人にはこの辺が理解できないのかもしれませんが。

この記事があなたの婚活に役立てば幸いです。